自然から学ぶ

kenmegumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ウグイス君の警告

5月29日(火) 晴れ
今日も、昨日と同様少し肌寒い。
天気予報では、この時間帯は曇りとのことでしたが、外れてしまったようです。
それはそれとして、造成地の中に雉の縄張りが2箇所あるらしく,2羽が啼きあっていた。
現場のウグイス君も早起きしたのか、私の到着と同時に啼き始めた。
私の約2メートル横で啼いているが姿は見えない。
その内に「ケキョ、ケキョ ケキョ」と危険信号を発せられてしまった。
ウグイス君ごめんネ!!
e0119218_7173376.jpg

e0119218_7184648.jpg

e0119218_7194231.jpg

我が家の薔薇 Ⅲ
今日は、昨年挿し芽した薔薇が咲きましたのでご披露いたします。
先週の火曜日(22日)ブログデビューした日に、庭いじりが趣味の私は、何かに負けて、顔と両手がかぶれ、湿疹がでたので、病院に出掛けました。
飲み薬はいただいても、何時も飲まないので、塗り薬だけをお願いいたしました。
幸いにも一度の診察だけで、回復したので、昨日は、回復祝に(健康は、何よりの宝)また、たっぷり植物を買い込み自己満足\((^0^)/\(^o^))/そのうちアップいたします。
# by yubikitasumegumi | 2007-05-29 07:36 | Comments(0)

風冷たく感じて

  5月28日(月) 晴れ
  今朝は、春先のような冷え込む朝だった。
  メジロ君もウグイス君も同時に囀りはじめました。
  最近、ウグイス君の啼き方が独特の「ホウーホケキョ」でなくなっている。
  時期によって啼き方が変わってくるのが分る。
  撮影の方は東の空に帯状の低い雲が掛かり思わしくなかった。
  帰り道、久し振りにひばりが空高く囀り舞っている状況を見ることができました。
 
e0119218_885410.jpg

e0119218_812885.jpg

e0119218_8131568.jpg

  
  我が家の薔薇 Ⅱ

  通りすがりの方から、「お花きれいですね」とお褒めの言葉を掛けていただく。
  私も、花のお陰と率直に嬉しくなる。

  花だって、自分を褒められていると、もっと輝こうと、
    短い花の命を精一杯努力するでしょうね。
  さぁ、今日もお花の手入れ!手入れ!
# by yubikitasumegumi | 2007-05-28 08:27 | Comments(0)

余裕の出発

5月27日(日) 晴れ
今日は、早く目覚めた。
造成地はまだ薄暗く、新しく設置された街灯が賑やかに灯っている。
防犯のためにされているのか?
地球温暖化が問題になっている現在、「もったいない」と思うのは、私だけだろうか?
撮影地では,相変わらずメジロ君がもう囀っている(午前4時頃)、ウグイス君,は少し遅れて(午前4時15分頃)啼き始めた。
ウグイス君は啼きはじめが遅れて恥ずかしいのか,2~3回啼いてやめてしまった。
明日は,早めに起きて余裕を持って啼いてくれるだろ。

雲 輝 い て
e0119218_80032.jpg

e0119218_89566.jpg

e0119218_9241100.jpg

た ち 葵
通りすがりに咲いていたので、カメラを向けた。
花だって、自分の美しさ、存在を認めてほしいと秘かに願っていることでしょう。
あなたの、満足そうな気持ちが伝わってきました。
# by yubikitasumegumi | 2007-05-27 08:34 | Comments(0)

雨上がりの朝

5月26日(土) 晴れ
夜半まで降っていた雨が上がり、急いで身支度。
途中にある造成地の中を新鮮な空気を吸いながら撮影場所へと急ぐ、
いつもこの場所で、雉の啼く声を耳にする。
「声はすれども、姿は見えず」です。
撮影場所のウグイスも、そばまで行っても「声はすれども、姿が見えず」です。
そのうちに見つけ出し撮影するつもりです。

e0119218_88447.jpg

e0119218_8113687.jpg


小さなお客さま
我が家には、思いがけないお客様があります。
おもてなしはできませんが、私たちを楽しませてくれます。
小さなお客様・・・ごゆっくり召し上がれ。

e0119218_836671.jpg

# by yubikitasumegumi | 2007-05-26 08:44 | Comments(0)

雨降る前に

5月25日(金) 曇り後雨
天気予報では、今日は雨になるとのことでした。朝の情景が気がかり、雨戸を開けると東の空は明るい。早速、カメラを持ち、愛車(自転車)のペダルを踏む。今日は早めの出発で気分的にも余裕がある。鼻歌まででる、勿論歌は「千の風にのって」である。
現場に着くとメジロとウグイスが美しい囀りで歓迎してくれた。
e0119218_950524.jpg

e0119218_9591634.jpg













e0119218_8133950.jpg
我が庭のばら
バックが椿の葉で覆われていて
不思議?・・・・
# by yubikitasumegumi | 2007-05-25 10:04 | Comments(0)