自然から学ぶ

kenmegumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

蔵出しーⅫ

7月30日(月) 曇り
睡眠不足の朝(参議員選挙の開票結果の報道を夜遅くまで見ていた。)
東京方面の空が薄っすらと明るい、こんな日は雲が低く地上の光が反射するからです。
こんな日は朝焼けの情景は不可能です。家に帰って蔵出しの準備をすることにします。

     『黒雲現る』             平成17年10月24日撮影
e0119218_6364686.jpg

     『紅燃ゆる』             平成18年4月 7日撮影
e0119218_645932.jpg


『 時計草 』              平成18年 8月 16日撮影
e0119218_6594450.jpg


時計草はとても丈夫で、切っても切っても元気に育ちます。そのパワーを少し分けてほしいです。タイトルがそろはなくて何回もやり直していますが、上手くいきません。

2007参院戦終わって
新しく選ばれた皆さん、初心忘れず、誠実に職責を全うしていただきたいことです。
関係者の方々お疲れ様でした。
# by yubikitasumegumi | 2007-07-30 07:19 | Comments(0)

雀 脅 し

7月29日(日) 晴れ 
早く目覚めた(2時30分)。出発するのには早すぎると思い
また寝てしまった、4時ごろに妻から起こされた。
丁度面白い夢の中でしたこの続きを見たかったな・・と思いながら出発する。

無風状態でなんとなく撮影地に到着した。
東の空には低空の雲があり撮影には適しないが
何か面白い情景に期待、待つことにする。

そのとき突然「パーン」と爆発音、田んぼの方角、それは稲に穂が出てきたために野鳥に荒らされないように設置された所謂『雀脅し』である。

もうそんな季節になったのかと思うと、時の流れは速いものだと痛感する。

『 流れ雲 』
e0119218_8192082.jpg

『 雲間より 』
e0119218_820178.jpg

『 野 草 』
e0119218_8204071.jpg

# by yubikitasumegumi | 2007-07-29 08:24 | Comments(3)

雲厚く

7月28日 晴れ
梅雨明け宣言も東海地方が出され、関東地方ももうすぐ宣言されると
思いますが、もうすぐ8月に入ってしまう。
何と遅い梅雨明けなんだろう。気が滅入ってしまう。

さて、今日の撮影状況は東の空には低空の雲は少しあるが
空は明るんできたので幾らかは撮影できると予想、ところが時間が経過するにつれて、
低空の雲が増えてきて、全く空の明るさも消えてしまった。残念!!

周辺ではホトトギス君やメジロ君それに蝉の「カナカナ」と啼くカナカナ君が
声を張り上げ大会唱していた。

『 夜明け前 』
e0119218_7265741.jpg


『 日登る 』
e0119218_7331189.jpg


『 カラスウリ2 』
e0119218_7343689.jpg


帰り道先日ご紹介したオトコエシ、カラスウリのその後の状況を確認しに立ち寄った。
日登るは、電線などあるので日頃ご紹介しないものですが、今日は敢てアップしてみました。

私達の目には見えない大気の変化が画像に現れているように思われてなりません。
# by yubikitasumegumi | 2007-07-28 07:43 | Comments(0)

靄に包まれた朝

7月27日(金)晴れ

靄がかかり 撮影条件はよくない予感がする。
出発する時に新聞屋さんに出会う。『気をつけて』と声をかけられる。
素直に『有難う』と言える年頃になってしまった自分に気がつく。

昨夜NHKの放送を見た。
自転車での日本一周をしていた80歳の人があと僅かで交通事故により目的を達成できなかったと・・・・そんな話を聞くと“私だって”と言う気持ちになる。
まだまだ第二の青春を明るく、楽しく、心美しく、健やかに頑張りたいと思う。

『 靄かかる朝 』
e0119218_7343425.jpg

『 カラスウリ 』
e0119218_7351855.jpg

『 野生朝顔 』
e0119218_7361347.jpg


カラスウリ
撮影した時間が早かったのか、花は少し開いていないようですね。
もう少し光を受けて、レースのような優雅な姿になるのでしょうか。
秋には赤い実で存在をつげる頃が楽しみです。
# by yubikitasumegumi | 2007-07-27 07:42 | Comments(2)

羽ばたく

7月26日(木) 晴れ

何時もの撮影場所へと向かう、未だ薄暗い、草原で虫の鳴き声そんな中愛車を走らす。
東の空に厚い雲が掛かり撮影に適さない。
急遽、蓮田に行くことにした早朝なので市街地の道路はほとんど車は走っていない。

矢那川の橋の上で川の鯉に声をかけながら餌を与えている人に出会う。
話によると『毎日餌を与えていると、鯉の気持ちが分かるとのこと』そんなものかなと私は思った修養が足りないかな。

蓮田では前回ご紹介した( 7月13日 )鴨のたちは?どうなったか気になり探したところ居ました、大きくなり私の姿を見て7羽が一斉に羽ばたき遠くに行ってしまいました。
元気で大きく成長しいて安心しました。

蓮の撮影は風が吹き蓮の花が揺れるので、作品に満足なものは撮影できない。

『 蓮 田 に 光 り 』
e0119218_8284527.jpg


『 彩   り 』
e0119218_829491.jpg


『 虫 の 楽 園 』
e0119218_8303491.jpg


木更CoNにもどうぞ
# by yubikitasumegumi | 2007-07-26 08:34 | Comments(0)