自然から学ぶ

kenmegumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

鎌足桜

e0119218_22511464.jpg

鎌足桜は、雌蕊の先が鎌の形に曲がっています。

大化改新の後、内大臣に出世した藤原鎌足が
高倉(たかくら)観音へのお礼参拝のために、
この地を訪れたとき、持っていた桜の木の杖をさして
旅装束を着替えたとのことです。

桜の木の杖はそのまま根付き、現在に至ったといわれています。
山桜の一種で繁殖が大変難しいと言われています。

 桜づくりの名人、京都の第15代佐野藤右衛門さんの手により、
接ぎ木に成功したそうです。
 
今年(2007年)、4月20日の木更津市立鎌足公民館の桜です。

by yubikitasumegumi | 2007-05-22 23:07 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード